台風24号、和歌山に上陸=北陸、東北縦断へ-暴風大雨に厳重警戒

社会

台風24号は30日、九州、四国の南海上を北東に進み、午後8時ごろ、非常に強い勢力で和歌山県田辺市付近に上陸した。その後少し勢力は弱まったが、10月1日朝にかけて北陸や東北地方を縦断する見込み。気象庁は暴風や大雨、高波、高潮に厳重に警戒し、早めに安全を確保するよう呼び掛けた。

愛媛県や宮崎県、鹿児島県などでは30日、1時間に約100ミリ以上の雨が降ったとの記録的短時間大雨情報が発表された。鹿児島県・中之島では午前7時半ごろに最大瞬間風速54.6メートルとなり、この地点の観測記録を更新した。各地で土砂災害警戒情報や避難指示・勧告が出された。

和歌山県と三重県では、9月上旬の台風21号で観測した高潮を上回るなど、過去最高潮位を超えた地点があった。気象庁は一時、東海では1959年の伊勢湾台風に匹敵する高潮の恐れがあるとして警戒を呼び掛けた。

24号は30日午後11時、名古屋市付近を時速60キロで北東へ進んだ。中心気圧は965ヘクトパスカル、最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートル。南側190キロ以内と北側150キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、南側560キロ以内と北側370キロ以内が風速15メートル以上の強風域。

10月1日までに予想される最大瞬間風速は、東海60メートル、関東甲信50メートル、北陸と東北、伊豆諸島45メートル、近畿と北海道35メートル。波の高さは東海13メートル、伊豆諸島12メートル、関東11メートル、近畿10メートル、四国と東北8メートル、北海道6メートル。

2日午前0時までの24時間予想雨量は多い所で、東北180ミリ、東海と関東甲信、北陸150ミリ、北海道120ミリ。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 気象