総務会長に加藤氏、選対甘利氏=片山、岩屋氏ら初入閣-政権人事

政治・外交

安倍晋三首相は2日、内閣改造・自民党役員人事を行う。来夏の参院選を見据えた政権の立て直しを図るため、腹心の加藤勝信厚生労働相(62)を党四役の総務会長に、盟友でベテランの甘利明元経済再生担当相(69)を選対委員長にそれぞれ起用。党憲法改正推進本部長には自身に近い下村博文元文部科学相(64)を充て、改憲の推進役とした。

また、細田派の柴山昌彦筆頭副幹事長(52)、麻生派の岩屋毅元外務副大臣(61)と原田義昭元文科副大臣(74)、竹下派の渡辺博道元経済産業副大臣(68)、岸田派の平井卓也党広報本部長(60)と宮腰光寛首相補佐官(67)、二階派の桜田義孝元内閣府副大臣(68)と吉川貴盛元農林水産副大臣(67)、無派閥の石田真敏元財務副大臣(66)の初入閣を固めた。岸田派の根本匠元復興相(67)の再入閣も決まった。

参院では細田派の山本順三参院議院運営委員長(63)と二階派の片山さつき政調会長代理(59)が初めて入閣する。これまでに固まった初入閣組は11人。

首相は政権の「土台」と位置付ける麻生太郎副総理兼財務相(78)、菅義偉官房長官(69)、二階俊博幹事長(79)を留任させる。岸田文雄政調会長(61)も現ポストに残す。河野太郎外相(55)、世耕弘成経産相(55)、茂木敏充経済再生担当相(62)と公明党の石井啓一国土交通相(60)も続投させる。

党側では森山裕国対委員長(73)、萩生田光一幹事長代行(55)、山口泰明組織運動本部長(69)が留任。非議員の高村正彦副総裁(76)は退任し、後任は置かれない方向だ。政治信条が近い稲田朋美元防衛相(59)を筆頭副幹事長に起用する。

先の党総裁選で首相は連続3選したが、石破茂元幹事長に地方票の45%を奪われ、政権運営に批判が根強いことが露呈した。沖縄県知事選では与党推薦候補が敗北。首相は来年の統一地方選と参院選が政権の行方を左右するとみて、態勢立て直しを急ぐ。

加藤氏は竹下派所属ながら第2次安倍政権発足時から官房副長官を務め、閣僚に転じた。党幹部への抜てきは、政権の柱の一人として育成する狙いだ。甘利氏は総裁選で安倍選対の事務総長に就いた。業者からの金銭授受問題で2016年1月に経済再生担当相を辞任したが、今回で「復権」を果たす形だ。

首相は1日、公明党の山口那津男代表と首相官邸で会談。山口氏が石井氏留任を求め、首相は「承ったので検討する」と応じた。

2日は午前に党の新執行部を始動させ、閣議で現閣僚の辞表を取りまとめる。午後に改めて与党党首会談を開き、組閣本部を設置。皇居での閣僚認証式を経て第4次安倍改造内閣が発足する。首相は夜に記者会見し、人事の狙いなどを説明する。

報道陣の取材に応じる公明党の山口那津男代表=1日午後、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 政党