北海道で震度5弱=先月の地震影響か-気象庁

社会

5日午前8時58分ごろ、北海道胆振地方中東部を震源とする地震があり、厚真町などで震度5弱の揺れを観測した。気象庁によると、震源の深さは31キロ。地震の規模(マグニチュード)は5.2と推定される。この地震による津波の心配はない。9月6日に最大震度7を観測した地震の余震とみられる。

気象庁の松森敏幸地震津波監視課長は、地震活動は当分続くとして、注意を呼び掛けた。北海道は台風25号や前線の影響で、6~7日に強い風雨が見込まれる。松森課長は「倒壊しかかった家屋が風でつぶれるなど、思わぬ危険が起こりうる」と指摘。土砂災害などにも気を付けるよう求めた。

主な各地の震度は次の通り。

震度5弱=北海道厚真町、むかわ町、平取町

震度4=安平町

震度3=札幌市東区、江別市

震度2=札幌市中央区、函館市、青森県むつ市。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 地震・噴火 北海道