トヨタ124万台リコール=不適切プログラムで走行不能も

社会 暮らし 経済・ビジネス

トヨタ自動車は5日、走行中の異常判定をする制御プログラムが不適切で、電圧を制御する部品が壊れた場合に走行不能となる恐れがあるとして、乗用車「プリウス」など3車種計124万9662台(2009年3月~14年11月製造)をリコール(回収・無償修理)すると国土交通省に届け出た。リコール台数の規模としては、過去11番目の多さ。

国交省によると、急加速など高い負荷がかかる走行の最中に、部品が損傷するケースがある。その場合、警告灯が点灯して加速できなくなり、走行不能になる可能性がある。

対象は他に「プリウスα」とダイハツ工業からトヨタが受託生産した「メビウス」。これまでに3件の不具合の報告があったが、事故は確認されていないという。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 消費者対策 情報開示 消費者問題 自動車 トヨタ自動車