ユニクロ、売上高2兆円超え=海外が国内上回る-18年8月期

経済・ビジネス

カジュアル衣料品店「ユニクロ」を運営するファーストリテイリングが11日発表した2018年8月期の連結決算は、売上高が前期比14.4%増の2兆1300億円となり、初めて2兆円を超えた。本業のもうけを示す営業利益は33.9%増の2362億円、純利益は29.8%増の1548億円といずれも過去最高。中国や東南アジアなど海外が好調で、ユニクロ事業の売上高は海外が国内を初めて上回った。

山口県で創業した同社は1998年、東京・原宿に出店し、防寒衣料「フリース」の流行に支えられ事業を拡大。売上高は92年8月期(143億円)から四半世紀で約150倍に膨らんだ。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想