ゼンショー、米すしチェーン買収=290億円、11月中旬

経済・ビジネス

ゼンショーホールディングス(HD)は16日、米国を中心に持ち帰り専門のすしチェーンを運営している米企業を買収すると発表した。11月中旬に発行済みの全株式を取得し、連結子会社化する。買収額は同社として過去最高となる約2億5700万ドル(約290億円)。

買収するのは「アドバンスド・フレッシュ・コンセプツ」(本社カリフォルニア州)。米国で3700店、カナダとオーストラリアを含め4000店超をフランチャイズ展開している。主にスーパーマーケットに出店し、持ち帰りすし店では、売上高、店舗数ともに米国で1位という。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 提携・合併・買収 米国