日本の為替、引き続き監視=中国「操作国」認定見送り-米

経済・ビジネス 政治・外交

【ワシントン時事】米財務省は17日、貿易相手国・地域の通貨政策を分析した半年ごとの為替報告書を発表し、巨額の対米貿易黒字を抱える日本、中国など6カ国を改めて監視対象に指定した。トランプ大統領が選挙中に公約した中国の「為替操作国」認定は見送った。

トランプ政権は「米国第一主義」を掲げ、各国に貿易不均衡是正を強く求めており、報告書には他国が通貨安誘導によって輸出競争力を高めようとするのをけん制する狙いがある。

報告は日本に関し、対米黒字が定着している現状に懸念を示した上で、円の対ドル相場は、貿易やインフレを加味した実質実効レートで換算すると「2013年前半以来の歴史的な安値水準にある」と指摘した。米国は、来年1月にも始まる日本との貿易協定交渉では、通貨安誘導阻止に向けた取り決めである「為替条項」の導入を迫る構えだ。

対米黒字が最も多い中国に対しては「為替政策の透明性の欠如と最近の人民元安傾向」を特に問題視。不公正な貿易慣行を含めて監視を続けると明記した。トランプ大統領は人民元安に厳しい矛先を向けるが、報告書は「中国人民銀行(中央銀行)による今年の直接介入は限定的だ」と判断した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 為替 国際通貨 金融政策 中国 韓国 米国