NEC、韓国サムスンと提携へ=5G基地局の開発・販売

経済・ビジネス

NECと韓国のサムスン電子が、携帯電話の次世代高速通信規格「5G」向け基地局の開発・販売で提携することが、21日分かった。2020年以降とされる5Gの本格普及を前に、世界的に進むとみられる基地局整備への対応を急ぐ。

5Gをめぐっては、米国で一部サービスが既に始まっており、日本でも携帯大手が19年の試験提供開始を目指すなど、実用化に向けた動きが進んでいる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 提携・合併・買収 韓国