18年度上期のエアコン出荷、過去最高=猛暑効果、家電全体も好調

経済・ビジネス

日本電機工業会(JEMA)が23日発表した2018年度上期(4~9月)の白物家電国内出荷実績によると、ルームエアコンの出荷台数は614万2000台と前年同期に比べて7.3%増えた。統計データが確認できる1972年度以降で上期として過去最高。記録的な猛暑が需要を押し上げ、「今年は出荷のピークを過ぎた8、9月も好調だった」(家電部)という。

エアコンがけん引し、冷蔵庫や洗濯機などを含む白物家電全体の出荷額は2.8%増の1兆3083億円。15年度以降、上半期では4期連続のプラスとなり、過去10年間で最高の出荷額となった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経済調査・分析 販売・価格改定・販促・見本市など 統計