2200億円の財務支援=MRJ開発会社に年内実施-三菱重工

経済・ビジネス

三菱重工業は23日、国産初の小型ジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)を開発する傘下の三菱航空機(愛知県豊山町)に対し、2200億円規模の財務支援を実施する方向で最終調整に入った。12月中の実施を目指し、10月末にも決定する方針だ。

このうち約1700億円は、親会社の三菱重工が貸した資金の一部を免除する代わりに新株を引き受ける「債務の株式化」で行う。残りの約500億円は、三菱重工が債権を放棄する。

MRJの開発が遅れていることで、三菱航空機は2018年3月末時点で1100億円の債務超過にあり、三菱重工は「18年度に解消する」(宮永俊一社長)との方針を示していた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 財務 提携・合併・買収 東海