関空旅客、7年ぶり前年割れ=LCC再編、台風が影響-18年度上期

経済・ビジネス

関西国際空港を運営する関西エアポート(大阪府泉佐野市)が23日発表した2018年度上期(4~9月)の関空の利用状況(速報値)によると、総旅客数は前年同期比2%減の1391万人と7年ぶりに前年割れした。格安航空会社(LCC)の統合発表に伴う路線再編や、9月4日の台風21号直撃で関空が一時閉鎖に追い込まれたことなどが響いた。

上期の国際線の旅客数は1%増の1075万人と過去最高を更新したが、国内線の旅客数は11%減の316万人と大幅に減少。国内線の減少は、統合を発表したピーチ・アビエーション(大阪府田尻町)とバニラ・エア(千葉県成田市)のLCC2社による路線見直しの影響が大きいという。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

災害 時事通信ニュース 運輸・交通 決算・業績予想 台風 関西国際空港 空港 LCC