北海道電、86万キロワットの供給余力確保=今冬電力需給見通し

経済・ビジネス

北海道電力は23日、今冬の電力需給について、86万キロワットの供給余力を確保するとの見通しを発表した。最も電力需給が厳しくなる来年2月は、供給が611万キロワットに対し、需要は525万キロワット。供給予備率は16.4%で、安定供給に最低限必要な3%以上を上回っている。

北海道では、9月の地震で最大火力の苫東厚真火力発電所(厚真町)が稼働を停止し、ほぼ全域で大規模停電が発生。その後復旧したものの、需要期である冬の到来を前に電力を確保できるかどうかが注目されていた。

北海道電力の苫東厚真火力発電所=9月11日、北海道厚真町

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 電力 経営一般 その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 商品需給 北海道