塩こうじ、海外で本格展開=ハナマルキ、タイに工場

経済・ビジネス

ハナマルキ(長野県伊那市)は25日、タイに塩こうじの工場を建設すると発表した。来年初めに着工、2020年1月から出荷を始める。塩こうじは和洋中さまざまな料理の調味料として活用でき、同社の輸出量はタイを中心に増えている。

現地生産するのは、使いやすく液体化した塩こうじ。日本や欧州に輸出される鶏肉などの加工品への採用を働き掛ける。東南アジア、中国、欧米にも輸出したい考えだ。

工場は約10億円を投じ、バンコクの北約90キロにあるヘマラート・サラブリ工業団地に建設する。液体塩こうじを年間1000キロリットル生産する計画だ。

ハナマルキがタイに建設する液体塩こうじ工場の完成イメージ(同社提供)

ハナマルキが海外に輸出している液体塩こうじ(同社提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 設備投資 国際業務 中国