絢子さまと守谷さん結婚=皇室離れ、都内で新生活へ-明治神宮で夫婦の誓い

社会

高円宮家の三女絢子さま(28)と日本郵船社員の守谷慧さん(32)との結婚式が29日午前、明治神宮(東京都渋谷区)で行われた。二人は高円宮妃久子さまら両家の親族が見守る中、神楽殿で固めの杯を交わし、神前で夫婦の誓いを立てた。

女性皇族の結婚は、2014年の高円宮家の次女千家典子さん(30)以来。式を終えた絢子さまは「多くの方に祝福していただき、何と幸せなことなんだろうとかみしめております」と語られた。

東京・元赤坂の高円宮邸では午前9時半から、守谷さんの親戚の近藤達也さん(76)が使者として絢子さまを迎えに行く「入第(じゅだい)の儀」が行われた。絢子さまは同10時20分ごろ宮邸を出発。明治神宮で守谷さんが出迎え、友人らが祝福する中、二人で神楽殿に入った。

守谷さんはモーニング姿、絢子さまは髪を後ろに長く垂らす「おすべらかし」に結い、小袿(こうちぎ)と長袴(ながばかま)という平安朝の装束姿で式に臨んだ。小袿と長袴は、祖母の三笠宮妃百合子さま(95)から借り受けた貞明皇后(大正天皇の皇后)ゆかりのものという。

結婚式のため明治神宮に到着された高円宮家の三女絢子さまと守谷慧さん=29日午前、東京都渋谷区(代表撮影)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 皇室・王室