百十四銀会長が引責辞任=女性行員への不適切行為防げず

社会 経済・ビジネス

百十四銀行(本店高松市)は29日、女性行員が取引先から不適切な行為を受けたのに制止できなかった責任を取り、渡辺智樹会長(66)が辞任することを明らかにした。取締役からも退き、11月1日付で相談役となる。

同行によると、2月に渡辺氏が開いた会食で、取引先の男性から女性行員が不適切な行為を受けた。同行は5月に把握して内部調査を実施。6月に渡辺氏と同席していた男性執行役員の計2人に対し、報酬と賞与を減額する処分を行った。

今月下旬、弁護士からの意見を踏まえ、渡辺会長が辞任を申し出たため、28日の臨時取締役会で退任が決まった。女性行員を会食に同席させたこと自体も問題視されたという。

太田康之広報CSRグループ長は、不適切行為の詳細は明らかにできないとした上で「申し訳ない」と陳謝した。

渡辺智樹 百十四銀行会長

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 人事 その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 四国