日本のビジネス環境、39位=政権目標から後退-世銀

経済・ビジネス

【ワシントン時事】世界銀行は31日、世界190カ国・地域を対象にビジネスのしやすさを評価した2019年版のランキングを発表、日本は総合39位と前年から五つ順位を落とした。安倍政権は「20年までに先進国で3位以内」を掲げるが、達成は厳しそうだ。トップはニュージーランドが維持した。

評価は起業や不動産登記、資金調達のしやすさなどを10項目で採点。日本は「破綻処理」が1位と高く評価された一方、「納税」が97位と前年の68位から大きく下げ、「資金調達」も後退。「電力供給」の評価も落とした。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経済調査・分析 中国 韓国