「みちびき」本格運用開始=日本版GPS、測位精度向上

政治・外交

内閣府は1日、日本独自の測位衛星「みちびき」の本格運用を開始した。東京都内で同日開かれた記念式典で、安倍晋三首相は「どれだけの変化を私たちの暮らしにもたらすか、わくわくしながら見守っていきたい」と述べた。

みちびきは米国の全地球測位システム(GPS)の測位情報を補正して誤差を約1メートルまで縮小するほか、専用受信機を使えば、数センチの精度で位置を確認できる。車の自動運転や農業のIT化、ドローンを使った配送などさまざまな分野での利用が期待される。

2010年に1号機が打ち上げられた後、昨年10月に24時間運用可能な4機体制が確立。試験運用が行われていた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 科学技術政策