奄美・沖縄を再推薦へ=20年世界遺産候補で-政府

政治・外交 社会 文化

菅義偉官房長官は2日の閣議後記者会見で、2020年の世界遺産候補に「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄両県)を再度推薦すると発表した。奄美・沖縄は今年5月、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関から世界遺産の「登録延期」を勧告され、いったん推薦を取り下げていた。

政府は19年2月1日までに閣議了解を行い、ユネスコに推薦書を提出する。菅氏は会見で「奄美・沖縄が間違いなく採用されることができるよう、政府として全力を尽くしたい」と述べた。

世界遺産の推薦は、20年夏のユネスコ世界遺産委員会での審査から、1年で「1国1件」に絞られる。20年に向けては文化遺産の「北海道・北東北の縄文遺跡群」(北海道、青森、岩手、秋田各県)が候補に挙がっており、自然遺産の奄美・沖縄と1枠を争っていた。

候補の一本化をめぐっては、世界で文化遺産が多く自然遺産が少ないため、自然遺産の審査を優先させるとするユネスコの見解を重視した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

世界遺産 ユネスコ 時事通信ニュース 政府・内閣 文化・歴史(文系的) 沖縄 九州 鹿児島