NECの顔認証、ラグビーW杯で採用=報道陣対象、東京と横浜で

経済・ビジネス スポーツ

NECは5日、2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップ(W杯)で、会場となる東京スタジアム(東京都調布市)と横浜国際総合競技場(横浜市)の報道関係者の入場に際し、同社の顔認証システムが採用されたと発表した。報道機関向けのIDカードと、取材申請時に事前に撮影・登録した顔画像をダブルチェックし、瞬時に認証を完了する。目視に比べて、スムーズに入場できるという。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 受注 スポーツ ラグビー