「そだねー」「カメ止め」=30語候補に、流行語大賞

社会

今年の世相を反映した言葉を選ぶ「2018ユーキャン新語・流行語大賞」の候補が7日、発表された。平昌冬季五輪のカーリング女子日本代表のメンバーが使った「そだねー」や、無名監督の低予算映画ながら爆発的ヒットとなった「カメラを止めるな!」を略した「カメ止め」など30語。年間大賞とトップテンは12月3日に発表される。

サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会で活躍した大迫勇也選手をたたえる「(大迫)半端ないって」、米大リーグでも投打二刀流で実績を残した大谷翔平選手の「翔タイム」、女子テニス大坂なおみ選手のユニークな語り口「なおみ節」も候補に入った。

男性同士のピュアな恋愛を描き人気を集めたテレビドラマ「おっさんずラブ」、音楽グループ「DA PUMP」の振り付けとヒット曲「ダサかっこいい/U.S.A.」もノミネートされた。

熱中症で死者も出た「災害級の暑さ」や、政権を巻き込んだ加計学園の問題に絡み、「首相案件」も候補に入った。

同賞事務局は、今年の傾向として「国際舞台で活躍する日本選手に関する用語が目立った」と分析。一方、政権周辺から生まれる流行語は、以前に比べて少なくなったと指摘した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 社会一般 情報・通信 新語・流行語