パイオニア、純損失拡大99億円=支援契約に遅れ-9月中間

経済・ビジネス

パイオニアが7日発表した2018年9月中間連結決算によると、純損失は前年同期の26億円から99億円に拡大した。自動車メーカー向けカーナビゲーションの研究開発費の増加などが主因。売上高も前年同期比3.0%減の1709億円。

資金支援を受ける香港拠点の投資ファンド「ベアリング・プライベート・エクイティ・アジア」との正式契約が遅れており、決算短信では第1四半期に続き、事業継続に疑義が注記された。契約は10月末までとしていた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想