辺野古移設、設計変更承認せず=「今すぐストップを」-沖縄知事

政治・外交

沖縄県の玉城デニー知事は9日、東京都内の日本外国特派員協会で記者会見し、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設について「これから計画の変更が生じるたびに(法令により)知事の許可を求めなければいけない。その都度、工事はストップする」と述べ、政府から設計変更の届け出があっても承認しない方針を示した。

移設予定地では軟弱地盤の存在が報告され、設計変更が必要になると指摘されている。玉城氏は、自身が知事の権限を行使すれば「(完工まで)何年かかるか分からない」と指摘。「工事は今の段階でストップすべきだ」と述べ、県内移設を断念するよう要求した。

日本外国特派員協会で記者会見する沖縄県の玉城デニー知事=9日午前、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 行政一般(政治欄向け) 沖縄