小型カプセルの回収成功=ISSから試料持ち帰る-JAXA

科学 社会 技術

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11日午前6時24分、国際宇宙ステーション(ISS)の実験試料を持ち帰る小型カプセルを、無人補給機「こうのとり」7号機から放出した。カプセルは大気圏に再突入し、約40分後に南鳥島沖の太平洋に着水。JAXAが同10時25分、船で回収に成功した。

これまでISSからの物資回収は米国やロシアに限られており、日本が回収するのは初めて。

こうのとりは大気圏再突入で燃え尽きる一方、カプセルは石川県沖から伊豆半島上空を通り、パラシュートを開いて南鳥島の南南東約660キロに着水した。

カプセルは直径約84センチ、高さ66センチの円すいに似た形状。内部にタイガー魔法瓶(大阪府門真市)が開発した真空二重容器(容積30リットル)が入っている。カプセル表面は大気圏突入時に約2000度に達するが、容器が内部の試料を高温や衝撃から守る。

今回は日本実験棟「きぼう」で実験を行ったたんぱく質試料などを、ISSに滞在中の宇宙飛行士が保冷剤とともに容器内に収納した。

国際宇宙ステーション(ISS)で、小型回収カプセルの組み立て作業をする宇宙飛行士=6日、JAXA提供

こうのとり7号機とともに大気圏に再突入する小型回収カプセルの想像図(JAXA提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 宇宙 科学技術 JAXA 宇宙開発 国際宇宙ステーション