両陛下、被災者お見舞い=「体に気を付けて」-北海道地震

社会

天皇、皇后両陛下は15日、震度7を観測した9月の北海道地震で大きな被害を受けた北海道厚真町を日帰りで訪れ、被災者らを見舞われた。被災者に両陛下は「体に気を付けて」などと声を掛け、気遣った。

両陛下は同日午前、羽田空港を特別機で出発し、午後に新千歳空港に到着。空港からはマイクロバスで移動し、厚真町の福祉施設で高橋はるみ知事から被災状況などについて説明を受けた。その後、土砂崩れを起こした山々の様子も視察した。

視察後は施設に戻り、集まった被災者や救援活動に当たった関係者ら計42人と懇談。仮設住宅に住み始めた被災者に対し、天皇陛下は「お体の具合は」、皇后さまは「落ち着かれましたか。寒くないですか」などと話し掛けた。

自治会長を務める男性に対し、天皇陛下は「被災された方に力を尽くされたんでしょうね。ご苦労さまでした」とねぎらった。中には、阪神大震災で被災した女性もおり、皇后さまが手を握り「大変なことでしたね」と話し掛けると、女性が涙ぐむ場面もあった。

北海道厚真町で宮坂尚市朗町長(左から2人目)の案内で被災状況を視察される天皇、皇后両陛下=15日午後、同町(代表撮影)

被災者や救助に尽力した人たちに声を掛けられる天皇、皇后陛下=15日午後、北海道厚真町(代表撮影)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 皇室・王室 北海道