安倍首相「従来と矛盾せず」=56年宣言基礎の領土交渉-プーチン氏発言評価避ける

政治・外交

【ダーウィン時事】安倍晋三首相は16日、訪問先のオーストラリア北部ダーウィンで内外記者会見に臨んだ。1956年の日ソ共同宣言に明記された平和条約締結後の歯舞、色丹2島引き渡しと、4島の帰属の問題を解決して平和条約を結ぶとの日本政府の従来方針は「何ら矛盾するものではない」と強調した。

14日の日ロ首脳会談では、日ソ共同宣言を基礎に平和条約交渉を進めることで合意。ロシアのプーチン大統領は、2島引き渡し後の主権は共同宣言に明記されておらず、今後の交渉対象との認識を示している。これについて、首相は「コメントは差し控えたい」と評価を避けた。その上で「今後もプーチン氏と緊密に協議し、双方に受け入れ可能な解決策に至りたい」と語った。

内外記者会見に臨む安倍晋三首相=16日、オーストラリア・ダーウィン市(EPA時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 オーストラリア ロシア