自由貿易での協調が焦点=APEC首脳会議が開幕

経済・ビジネス

【ポートモレスビー時事】日本や米国、中国など21カ国・地域が参加するアジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議が17日夜(日本時間同)、パプアニューギニアの首都ポートモレスビーで開幕した。自国第一主義を掲げるトランプ米政権が中国との貿易摩擦を激化させる中、貿易自由化に取り組む姿勢を打ち出せるかが焦点となる。18日に首脳宣言を採択し、閉幕する予定。

2日間の会議では、アジア太平洋の持続的な成長促進策や自由貿易の枠組み強化が議題となる。日本からは安倍晋三首相が出席。米中貿易摩擦を念頭に、追加関税措置の応酬に懸念を表明するほか、米国を除く環太平洋連携協定(TPP)の新協定「TPP11」の年末発効が確定したことを踏まえ、「自由で公正な経済ルール」の構築を訴える。

米国はペンス副大統領がトランプ大統領の代理で出席し、中国は習近平国家主席が参加。貿易問題のほか、アジア太平洋のインフラ投資の主導権争いで駆け引きとなる公算が大きい。

パプアニューギニアでの太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議に参加する安倍晋三首相(右から5人目)ら=17日、ポートモレスビー(EPA時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経済国際会議 中国 韓国 ロシア 台湾 米国