ゆるキャラ1位は埼玉県志木市の「カパル」=2、3位は「組織票」

社会

「ゆるキャラグランプリ2018」の人気投票結果が18日、大阪府東大阪市の花園中央公園で発表され、埼玉県志木市文化スポーツ振興公社の「カパル」が88万9346票を獲得してご当地部門の1位となった。組織的な票集めが明らかになった福岡県大牟田市の「ジャー坊」(84万3682票)、三重県四日市市の「こにゅうどうくん」(80万7592票)が2、3位に入った。

今回の投票では、一部自治体による組織票が発覚。ネット投票は原則1日1回だが、複数のメールアドレスで投票用のIDを大量に取得し、職員らが何度も投票していた。暫定1位だった四日市市は約4000人の職員数に対し、1万超のIDを取得し職員に配布していた。

実行委員会はネット投票の締め切り後、明らかに組織票と思われるIDを削除。約30万票減となった四日市市の森智広市長は、取材に「残った80万票には市民の思いが詰まっている」と述べた。大量のIDを作成してタブレット端末に入れ、公民館などに設置した大牟田市は「ネットに不慣れなお年寄りのため」と説明した。

一方、実行委員会の西秀一郎会長は、組織票について「毎回起こる現象」と指摘。「上位に入ることを目的にしてほしくない。地方創生を生むのはその後のたゆまぬ努力だ」と話した。

カパルはカッパがモチーフ。同公社の権田原花子さんは「職員5人とアルバイト数人でやっており、組織票は一切ない。1位まで巻き返せるとは思っていなかった」と喜んだ。

2014年からは現地投票の倍率を調整しており、今回は来場者3万8348人の票がネット投票の3倍でカウントされた。全国から909キャラクターのエントリーがあった。

ゆるキャラグランプリ2018」の表彰式で記念撮影する、1位となった埼玉県志木市文化スポーツ振興公社の「カパル」(中央)など=18日午後、大阪府東大阪市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 社会一般 キャラクター 地方 イベント 地方創生