コンビニ売上高、5カ月ぶり減=10月、たばこ増税響く

経済・ビジネス

日本フランチャイズチェーン協会が20日発表した10月のコンビニエンスストア売上高(既存店ベース)は前年同月比1.5%減の8193億円と5カ月ぶりにマイナスとなった。9月には増税前の駆け込みでたばこの需要が急増したが、10月の増税後は反動で販売が落ち込み、全体の足を引っ張った。

マイナス幅は台風などの天候不順が響いた昨年10月(1.8%減)以来1年ぶりの大きさ。

たばこの販売減が響き、来店客1人当たりの購入額は602円と2.0%減少した。ただ、前年同月に台風上陸で客足が鈍った反動もあり、来店客数は0.5%増と2カ月ぶりにプラスへ転じた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など 経済調査・分析 コンビニ