働く魅力乏しい日本=世界人材競争力、29位-スイス調査

経済・ビジネス

【ロンドン時事】スイスのビジネススクール、国際経営開発研究所(IMD)がこのほど発表した2018年の世界人材競争力調査で、高度技能を持つ外国人労働者にとって、日本は魅力に乏しいことが明らかになった。国内で外国人材の受け入れ拡大に向けた論戦が本格化する中、課題が浮き彫りになった。

調査は63カ国・地域を対象に、人材投資・開発や労働者に対する魅力、教育システムなど30項目を点数化した。日本の総合順位は前年から二つ上がったものの、29位にとどまった。首位はスイスで、デンマーク、ノルウェーと続いた。米国は12位、韓国は33位、中国本土は39位。

日本の順位上昇には、技能労働者の雇いやすさなどが貢献した。しかし、国内総生産(GDP)に占める教育支出(57位)や女性の労働参加(45位)は低迷。高度技能を持つ外国人労働者に対するビジネス環境の魅力(50位)、企業幹部の国際経験(62位)、語学力(61位)なども軒並み低評価だった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 雇用・失業 経済調査・分析 外国人労働者 国際競争力 高度外国人材