執行責任者がトップ代行=ゴーン容疑者は解任せず-仏ルノー

経済・ビジネス 社会

【パリ時事】仏自動車大手ルノーは20日、会長兼最高経営責任者(CEO)のカルロス・ゴーン容疑者の逮捕を受けて取締役会を開き、ティエリー・ボロレ最高執行責任者(COO)を暫定の副CEOに指名した。ゴーン容疑者の解任は見送ったが、ボロレ氏には「同等の権限」が与えられ、経営を指揮する。会長代行にはフィリップ・ラガイエット社外取締役が指名された。

ルノーによると、取締役会はルノー・日産自動車連合の取り決めに基づき、日産が保有するゴーン容疑者に関する全ての内部告発情報を提供するよう求めることを決定した。

仏自動車大手ルノーが暫定の副最高経営責任者に指名したティエリー・ボロレ最高執行責任者(EPA時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 人事 フランス