小型機墜落で管理会社社長ら書類送検=「重量超過が原因」-15年調布事故・警視庁

社会

東京都調布市で2015年7月、小型機が民家に墜落し8人が死傷した事故で、警視庁調布署捜査本部は21日、業務上過失致死傷容疑で、機体を管理していた「日本エアロテック」(同市)の小山純二社長(65)と、事故で死亡した川村泰史機長=当時(36)=を書類送検した。捜査本部は事故原因を機体総重量の超過による失速と判断した。

捜査本部によると、同社は機体総重量を確認する運航管理の担当者を配置していなかった。小山社長は容疑を認め、「自家用機の飛行と考え、運航管理は必要ないと思っていた」と話しているという。

事故は15年7月26日午前11時ごろ発生。小型機が調布飛行場を離陸した直後、近くの住宅街に墜落して炎上した。川村機長と搭乗者の早川充さん=当時(36)=、全焼した民家にいた鈴木希望さん=同(34)=の3人が死亡し、他の搭乗者や住民計5人が負傷した。

捜査本部は、墜落時の防犯カメラ映像の分析や飛行実験を繰り返し、当時の状況を精査。その結果、搭乗者の体重や燃料を含めた機体総重量が上限を48~58キロ超過していたことが判明した。エンジン部分に何らかの問題があった可能性もあるとしたが、重量が守られていればそのまま飛行できたと判断し、墜落の原因を重量超過と結論付けた。

小型機が民家に墜落した事故現場=2015年7月26日、東京都調布市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 運輸・交通