ゴーン容疑者「10億円前後に」=虚偽記載、側近に指示-報酬隠し事件・東京地検

社会

巨額の役員報酬を少なく見せ掛けた疑いで逮捕された日産自動車の会長カルロス・ゴーン容疑者(64)=22日付で解任=が、側近の代表取締役グレッグ・ケリー容疑者(62)=同=に対し、有価証券報告書に記載する報酬額について、10億円前後にとどめるよう指示を出していたことが22日、関係者への取材で分かった。

東京地検特捜部は、ゴーン容疑者が虚偽記載を主導したとみて捜査。日本版「司法取引」に合意した外国人執行役員らから、ゴーン容疑者の指示が記載されたメールなどの提供を受け、裏付けを急いでいるもようだ。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪