日産、来月に会長選出へ=3社連合の行方左右-不正説明に絶句・22日取締役会

経済・ビジネス

日産自動車は12月に開く取締役会で、会長職を解任したカルロス・ゴーン容疑者の後任を選出する。社外を除く現取締役から選ぶ方針で、西川広人社長を軸に調整が進む見通しだ。漂流の危機にあるルノー、三菱自動車との3社連合の行方を左右する重要なポジションのため、関係者の思惑が交錯する人事となりそうだ。一方、解任を決めた22日の臨時取締役会の様子も明らかになり、日産は連合の新たな関係構築に向け動き始めた。

臨時取締役会では、金融商品取引法違反容疑で逮捕されたゴーン容疑者の会長職を解任し、代表権を外した。会長ポストは空席となったが、12月の取締役会までに社外取締役で構成する委員会が候補を提案する方向だ。日産幹部は「現取締役で業務執行に携わる人が前提だ」と語った。

関係者によると、約4時間に及んだ臨時取締役会は、その大半が日産の社内調査で判明したゴーン容疑者とグレッグ・ケリー容疑者の不正の説明に費やされた。ある出席者は説明を受け「こういうことができるのか」と絶句したという。

両容疑者の逮捕をめぐっては、欧州メディアが日産によるクーデター、陰謀などとする見方を伝えている。このため、テレビ電話を通じて参加したルノー側の2人の出席者は当初、事件に懐疑的だったとされる。しかし、西川社長が調査内容の詳細を説明するにつれて雰囲気が変化。最終的には「アグリー(同意する)」と発言し、全会一致の解任決議に至った。

カルロス・ゴーン会長(22日解任)の逮捕を受け、報道陣が詰め掛けた日産自動車本社前=19日午後、横浜市西区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 その他企業(事業継続BCP・リスク管理)