民家に家族ら6遺体=知人男性も、殺人で捜査-42歳次男自殺か・宮崎県警

社会

26日午前10時20分ごろ、宮崎県高千穂町押方の農業飯干保生さん(72)の三男から、「実家と連絡が取れない」と県警高千穂署に連絡があった。訪れた署員が飯干さん宅の内外で男女計6人が倒れているのを発見、いずれも死亡が確認された。刃物による外傷のある人が複数おり、県警は6人が殺害されたとみて、殺人容疑で捜査を始めた。

一方、現場近くの川で事件後、飯干さんの次男(42)とみられる男性の遺体が見つかり、県警は自殺した可能性があるとみて、事件との関連を調べている。

県警によると、死亡していたのは、この家に住む飯干さんと妻の実穂子さん(66)、次男の妻美紀子さん(41)、次男夫婦の長男の会社員拓海さん(21)、長女で小学2年の唯さん(7)。

残る1人は次男の知人で、同県五ケ瀬町鞍岡の農業松岡史晃さん(44)と判明した。同日午前11時15分ごろ、松岡さんの父親が「(息子が)きのうから帰って来ない」と鞍岡駐在所に届け出たという。屋外の倉庫近くに高齢女性が、屋内には女児ら5人が倒れていた。

事件後、家から次男の軽自動車がなくなっていることが分かり、署員らが捜索。約2.5キロ離れた神都高千穂大橋の西側にある駐車場で車を発見した。同日午後4時ごろ、橋の下約100メートルを流れる五ケ瀬川にうつぶせで浮いている男性が見つかり、死亡が確認された。県警は、連絡が取れない次男で、橋から飛び降りた可能性もあるとみている。

現場周辺は、田畑の間に家屋が点在する山あいの集落。近くに、国の名勝・天然記念物の「高千穂峡」がある。

男女6人の遺体が見つかった現場の民家周辺=26日夜、宮崎県高千穂町

神都高千穂大橋近くの駐車場に止まっていた次男の軽自動車=26日午後、宮崎県高千穂町(一部画像に処理をしています)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 九州