原始重力波探る望遠鏡公開=回転し広く観測-高エネ研など

科学 社会 技術

高エネルギー加速器研究機構(茨城県つくば市)と京都大などは26日、新型の望遠鏡「グランドバード」を公開した。センサーを3秒に1回転させることで広い範囲を調べ、宇宙誕生直後に起きたとされる「原始重力波」の観測に挑む。

グランドバードのセンサー部分は直径約1.4メートル。内部を絶対0度(セ氏零下273.15度)近くに冷やしノイズを軽減する。センサーの回転により、観測範囲が従来の20倍に広がるほか、大気の揺らぎの影響も低減できる。

宇宙の誕生をめぐっては、ビッグバンが起きる直前に急激に膨張したとする「インフレーション理論」が提唱されている。原始重力波をキャッチできれば理論を裏付ける大きな手掛かりとなり、各国が観測を試みている。

原始重力波の観測を目指す新型の望遠鏡「グランドバード」。高速で回転しながら広い範囲を観測する=26日午後、茨城県つくば市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 科学技術(理系的) 科学技術