LINE、銀行業参入へ=みずほFGと共同、20年開業

経済・ビジネス

通話アプリ大手のLINE(ライン)は27日、みずほフィナンシャルグループ(FG)と共同で銀行業へ参入すると発表した。金融とITを融合した「フィンテック」分野を強化するのが狙いで、キャッシュレス決済の拡大を見据えた新たな金融サービスを展開する。2020年の開業を目指す。

新銀行の「LINEバンク(仮称)」は実店舗を持たず、通話アプリ「LINE」と連携したスマートフォン向けサービスなどに特化する方針。金融子会社LINEフィナンシャル(東京)が51%、みずほ銀行が49%出資し、19年春にも準備会社を設立する。

銀行業参入に関する記者会見で、握手するLINE(ライン)の出沢剛社長(左)とみずほフィナンシャルグループ(FG)の岡部俊胤副社長=27日午後、東京都渋谷区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース インターネット 経営一般 新サービス