18年の企業賃上げ、最高更新=89.7%実施、月5675円

経済・ビジネス 政治・外交

厚生労働省が27日発表した2018年の賃金改定に関する調査結果によると、定期昇給やベースアップ(ベア)などの賃上げを実施した企業の割合は89.7%(前年は87.8%)に上昇した。1人当たりの引き上げ幅も月5675円(5627円)となり、いずれも比較可能な1999年以降の最高を更新した。

定期昇給制度がある企業のうち、ベアを行った企業の割合は一般職が29.8%(26.8%)、管理職は24.2%(22.9%)で、ともに前年を上回った。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経済調査・分析 雇用・賃金・福利厚生 労働・雇用行政