富士山で経済成長を表現=大阪G20ロゴマーク決定-政府

政治・外交

政府は27日、来年6月に大阪で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議のロゴマークを決定した。日本の象徴である富士山と朝日が描かれ、世界の経済成長と繁栄を表現したという。富士山の裾野には桜の花のデザインが添えられた。グラフィックデザイナー牛込幸男さん(54)の作品。

ロゴマークは全国から募集した1092作品から選ばれた。27日に首相官邸で開かれた選考会には、大阪府の松井一郎知事やアイドルグループNMB48の吉田朱里さんらが出席した。首脳会議のほか、全国各地で開く閣僚会議でも使用する。

G20ロゴマークを制作した牛込幸男さん(中央)と松井一郎大阪府知事(左)、野上浩太郎官房副長官(内閣広報室提供)

20カ国・地域(G20)首脳会議のロゴマーク選考会に出席した大阪府の松井一郎知事(右手前から3人目)、AKB48の姉妹グループ・NMB48の吉田朱里さん(右奥)ら。左手前から3人目は野上浩太郎官房副長官=27日午前、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 国際会議