安倍首相、辺野古推進譲らず=玉城沖縄知事は代替案検討要請

政治・外交

安倍晋三首相は28日午後、沖縄県の玉城デニー知事と首相官邸で会談した。玉城氏が米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古移設を断念し、代替案を検討するよう求めたのに対し、首相は「米国との計画通り、今の移設作業を進めていきたい。そのことについて理解を求めたい」と表明。会談は平行線に終わった。

玉城氏は「辺野古の新基地建設という考えによらない専門家の話し合いを持ってもいいのではないか」と指摘。工事を中止するとともに、現行計画に代わる案の策定に向け政府と県の専門家による協議体を新たにつくるよう要請した。

しかし、首相は「折を見て、話し合いの場は設けたい」と述べるにとどめた。両氏の会談は9月末の知事選後2回目。

安倍晋三首相との会談を終え、厳しい表情で報道陣の取材に応じる沖縄県の玉城デニー知事=28日午後、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 安保・防衛(政治面) 沖縄