安倍首相「日ロ交渉に弾みつける」=アルゼンチンG20へ出発

政治・外交

安倍晋三首相は29日午前、アルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイの南米3カ国歴訪のため、政府専用機で羽田空港を出発した。最初の訪問国アルゼンチンで30日に開幕する20カ国・地域(G20)首脳会議に出席し、米国のトランプ大統領、中国の習近平国家主席、ロシアのプーチン大統領それぞれと会談する。

出発に先立って、首相は羽田空港で記者団に対し「日ロ首脳会談は(日ソ)共同宣言を基礎に平和条約交渉を加速させるとの合意を踏まえ、平和条約交渉の進展に弾みをつける会談にしたい」と強調。同時に「来年、日本がG20議長国を務めることを踏まえ、議論をリードしたい」と語った。

南米3カ国歴訪に出発する安倍晋三首相(左から2人目)と昭恵夫人(同3人目)=29日午前、羽田空港

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 中国 ロシア 米国