「来訪神」無形文化遺産に=ナマハゲなど8県10行事-ユネスコが登録決定

文化 社会

文化庁は29日、モーリシャスの首都ポートルイスで開催されている国連教育科学文化機関(ユネスコ)の政府間委員会で、日本が無形文化遺産に提案していた「来訪神 仮面・仮装の神々」の登録が決定したと発表した。2016年の「山・鉾・屋台行事」以来で、国内の無形文化遺産は計21件となる。

来訪神は、「男鹿のナマハゲ」(秋田)や「宮古島のパーントゥ」(沖縄)など8県10行事で構成。神の使いに仮装した者が正月などの節目に家々を訪ね、怠け者を戒めたり、無病息災などを願ったりする。各地で時代や世代を超えて伝承され、いずれも国の重要無形民俗文化財に指定されている。

政府間委員会は「子どもたちに道徳や行儀を教え、家族との絆を強め、地域の伝統への敬意を増進させることで、子どもの教育に重要な役割を果たしている」などと評価した。

政府は11年にナマハゲの単独登録を目指したが、既に登録されていた「甑島のトシドン」(鹿児島)との類似性を指摘され登録見送りとなった。16年にトシドンを拡張する形で一括提案したが、各国から審査件数の上限を上回る提案があったため、登録件数が多い日本の審査は1年先送りされ、昨年、再提案していた。

無形文化遺産に決まった「男鹿のナマハゲ」

無形文化遺産に決まった「宮古島のパーントゥ」

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

ユネスコ 時事通信ニュース 文化・歴史(文系的) 文化政策 ユネスコ無形文化遺産 祭り・行事