3社連合、合議制で運営へ=提携維持を確認-ルノー・日産・三菱自が首脳協議

経済・ビジネス

【アムステルダム時事】仏自動車大手ルノーと日産自動車、三菱自動車の3社連合は29日、経営トップによる協議を開いた。終了後3社は「アライアンス(戦略提携)はこの20年間、他に例を見ない成功を収めてきた。各社はアライアンス維持に全面的にコミット(約束)している」との声明を発表。カルロス・ゴーン容疑者1人に事実上委ねていたワンマン体制を改め、各社トップによる合議制に移行することを決めた。

オランダのアムステルダムにある連合の統括会社で行われた定例会議に合わせ、日本と現地を通信回線で結んで行われた。ルノー側は、実質トップのティエリー・ボロレ副最高経営責任者(CEO)が出席。日産の西川広人社長と三菱自動車の益子修CEOは日本から参加した。

終了後、西川氏は東京都内で記者団に対し、「(連合の)いろんな会議体を3人で共同でリードすることを確認した」と説明。別途取材に応じた益子氏も「今までは1人が物事をリードしてきたが、今後は3人で協力してやっていく」と述べた。来月に再びトップ協議を開くという。

連合の司令塔で、統括会社の会長兼CEOを務めるゴーン容疑者の逮捕を受け、3社の結束が揺らぐことが懸念されている。ゴーン容疑者が金融商品取引法違反容疑で逮捕された後、3社トップが協議するのは初めてだ。トップによる協議は1時間で終わり、その後3社の実務者による話し合いが続いた。

日産、ルノー、三菱自3社連合の統括会社の前に集まった報道陣=29日朝、オランダ・アムステルダム

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 提携・合併・買収 フランス