IEA理事会議長に大江氏

政治・外交 経済・ビジネス

【パリ時事】国際エネルギー機関(IEA)は29日、理事会議長に大江博経済協力開発機構(OECD)日本政府代表部大使を選出した。任期は来年1月から。日本人が議長を務めるのは3人目で、1995年以来24年ぶり。

外務省は報道官談話を発表し、「国際エネルギー情勢の変化を踏まえつつ、世界のエネルギー安全保障の一層の強化に向けた議論に積極的に貢献する」と表明した。

大江氏は79年に外務省入省。内閣官房では、環太平洋連携協定(TPP)交渉で農業などの分野を担当し、首席交渉官を務めた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 国際機構 経済団体 資源・エネルギー全般