トヨタ、仏PSAとの合弁解消=株買い取り生産強化

経済・ビジネス

トヨタ自動車は30日、フランス自動車大手プジョーなどを傘下に置くグループPSAとのチェコ合弁事業を解消すると発表した。2021年1月までにPSAの持ち分(50%)を取得し、欧州での生産体制を強化する。取得額は非公表。

合弁会社は02年3月設立で、資本金は日本円換算で約257億円。年30万台の生産能力を持ち、小型乗用車のトヨタ「Aygo(アイゴ)」やプジョーの「108」などを製造している。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 国際業務 提携・合併・買収 スペイン フランス