秋の乾通り公開始まる=9日まで、紅葉の時期に-皇居

社会

紅葉の季節に合わせた皇居・乾通りの秋の一般公開が1日から始まった。乾通りの公開は年2回ずつ、桜や紅葉が見頃の時期に行われており、今回は9日まで開催される。

一般公開は2014年に天皇陛下の傘寿(80歳)を記念して始まった。来年4月末の退位を控え、陛下在位中の秋の公開は最後となる。例年通りの開催なら退位の1カ月前に当たる来年春の公開についても、宮内庁は実施する方向で検討している。

家族で初めて皇居を訪れた千葉県松戸市の後藤聡さん(45)は「皇居はこれからテレビに映ることが増えると思うので、平成が終わる前に9歳の娘に体験してもらえて良かった」と話した。東京都新宿区の小学2年生戸倉舞さん(8)は「いろんなきれいな葉っぱがあった。持って帰って飾ります」と喜んでいた。

入門時間は午前9時から午後3時までで、人数制限はない。坂下門から入って乾門に抜ける約750メートルの道筋の他、東御苑の大手門、平川門、北桔橋門からの退出もできる。詳細は宮内庁ホームページまたはテレホンサービス03(3284)6780まで。

秋の一般公開が始まった皇居・乾通り=1日午前、東京都千代田区

秋の一般公開が始まった皇居・乾通り=1日午前、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 皇室・王室