土砂投入、14日開始=民間施設から搬出へ-辺野古移設

政治・外交

岩屋毅防衛相は3日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先の名護市辺野古沖で、14日に土砂投入を始めると発表した。実際に土砂が投入されれば原状回復は困難となる。移設に反対する沖縄県との対立が一層激化するとみられる。

岩屋氏は防衛省で記者団に、同省沖縄防衛局が3日、土砂投入作業の開始予定日を14日と記した書類を県に提出したと説明。また、埋め立てに使う土砂を沖縄本島北部の本部港(本部町)から搬出する予定だったが、町の使用許可が得られていないことから、代替措置として3日から名護市の民間施設に着けた船への土砂の積み込み作業に入ったことも明らかにした。土砂投入は気象状況などによってはずれ込む可能性もある。

岩屋氏は「抑止力を維持した上で沖縄の負担を軽減する基本方針の下に、一日も早い普天間飛行場の移設、返還を実現するため工事を進めたい」と強調。菅義偉官房長官も記者会見で「安全を十分確保した上で、自然環境や住生活環境に最大限配慮して工事を進めていただきたい」と述べた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 行政一般(政治欄向け)