トランプ米大統領、G20前に来日=国賓待遇、新天皇と会見へ-政府検討

政治・外交 社会

政府は来年6月下旬に大阪で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議に先立って、トランプ米大統領を国賓として日本に招待する検討に入った。複数の政府関係者が4日、明らかにした。同年5月1日に皇太子さまが新天皇に即位される予定で、トランプ氏は新天皇と会見する初の外国首脳となる可能性がある。

安倍晋三首相はトランプ氏と会談し、日米同盟強化に向けて意見を交わす見通しだ。日本政府としては皇位継承から間もない時期にトランプ氏を招き、日米の絆を内外にアピールする狙いがあるとみられるが、皇室の政治利用との懸念も出そうだ。

G20首脳会議は来年6月28、29両日に開かれる。トランプ氏は先月30日の日米首脳会談の際、皇位継承に言及しつつ「日本で開かれるとてつもなく素晴らしい行事に出席する。招かれて、とても光栄だ」と語っていた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 皇室・王室 米国