在日米軍機2機が接触、墜落=岩国所属、高知沖で-防衛省

社会

6日午前1時40分ごろ、在日米軍海兵隊岩国基地(山口県岩国市)所属のFA18戦闘攻撃機とKC130給油機が、高知県沖の室戸岬南南東約100キロで飛行中に接触し、海上に墜落した。空中給油の訓練中とみられ、防衛省が情報収集している。

同省によると、FA18は2人、KC130には5人が搭乗。海上自衛隊と航空自衛隊のヘリコプターや艦艇などが捜索・救助に当たり、2人を救助した。うち1人はFA18の搭乗者で、意識があり、命に別条はない。もう1人の容体は不明で、残る5人や機体は発見されていない。民間船舶への被害はないという。

同省は在日米軍に対し、遺憾の意を伝えるとともに、安全面の配慮と情報の提供を求めた。

岩屋毅防衛相は6日、記者団に「まずは捜索救助に全力を挙げる。事故の詳細が分かれば、適切に対応したい」と述べた。

山口県の村岡嗣政知事も同日、報道陣に「大変遺憾。こんな事故を起こしてくれるなと強く求めていく必要がある」と話した。防衛省中国四国防衛局に対し、事故に関する情報提供や原因究明、再発防止を要請したことも明かした。

在日米海兵隊は「自衛隊の活動に感謝する。岩国基地から発進した2機は、事故発生時、定期的な訓練を行っていた。事故原因は調査中」などとするコメントを発表した。

岩国基地に配備されている米海兵隊のFA18戦闘攻撃機=2017年1月、山口県岩国市

米海兵隊普天間飛行場から岩国基地へ向けて飛び立つ空中給油機KC130=2014年7月、沖縄県宜野湾市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事故 軍・自衛隊(社会面) 米国