希望者5人が入学不可に=東京医大の追加合格で

社会 暮らし

東京医科大の不正入試問題で、同大は7日、2017年度と18年度の入試で本来は合格ラインに達していた101人の追加合格対象者のうち、入学を希望した44人を合格とし、5人を不合格にしたと発表した。

同大では女子受験生らが不利な扱いを受けていたことが判明。先月、得点操作の影響を排除した新しい成績上位順の名簿に基づき、17、18年度で追加合格対象者が計101人に上ったと発表し、入学意思の有無を確認していた。

同大によると、101人のうち49人が入学の意向を示した。新名簿を基に、在校生も含め合否判定をやり直した結果、18年度入試で受験した女性5人が改めて不合格とされた。

追加合格の44人は19年度入試枠で受け入れ、同年4月、医学部医学科1年に入学する。このため、19年度入試は定員90人に対し、募集人員は46人にとどまるという。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 教育