防衛大綱、「空母」導入を明記=骨子案、与党が大筋了承-防衛相「艦載機常備せず」

政治・外交

政府は11日、新たな防衛大綱の骨子案を与党に提示した。骨子案には海上自衛隊の現有艦艇を事実上の航空母艦(空母)として運用可能とするよう必要な措置を取ると明記した。与党は、常に「空母」として運用するわけではないと文書で確認することを条件に大筋で了承した。岩屋毅防衛相は、戦闘機を常時艦載させないため、政府の従来見解で保有を禁じた「攻撃型空母」には当たらないとの認識を示した。

与党の会合で、政府は2019~23年度の中期防衛力整備計画(中期防)の骨子案も提示、了承された。政府は新大綱と中期防を18日にも閣議決定する。

防衛大綱骨子案は、海空領域での能力強化の一環として「必要な場合に現有の艦艇からのSTOVL(短距離離陸・垂直着陸)機の運用を可能とするよう、必要な措置(を取る)」と記した。海上自衛隊最大の「いずも」型護衛艦を改修し、米最新鋭ステルス戦闘機F35Bを搭載することを念頭に置いたものだ。

サイバー空間での対応に関しては、有事のサイバー反撃能力の保有を明示した。

政府見解では、「攻撃型空母」の保有は憲法上の専守防衛の範囲から逸脱するとされる。岩屋氏は11日の記者会見で「攻撃型空母は攻撃に要する航空機を常時載せた形で運用される」と説明。「他に母基地がある航空機を時々の任務に応じて搭載するのは、決して攻撃型空母に当たらない」と強調した。

閣議後に記者会見する岩屋毅防衛相=11日午前、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面)